コインランドリー経営で環境と健康を考えます。米国デクスター社日本総代理店の株式会社mammaciao(旧社名株式会社エムアイエス)

エムアイエスロゴ

会社情報

代表者略歴

株式会社mammaciao(旧社名株式会社エムアイエス) 代表 三原 淳

  • 1967年4月16日東京生まれ。 専修大学経営学部経営学科卒業
  • [ 職歴 ]
  • ・ファイザー製薬に入社
  • ・スーパー、OA販社、印刷会社、輸入商社を経て
  • ・コインランドリービジネスに携わる
  • ・オーナー視点に立った経営を目指し独立
  • ・有限会社エムアイエス
  • ・2000年9月13日設立
  • ・のちに株式会社エムアイエスに組織変更
  • ・株式会社mammaciaoへ社名変更

 

詳しい略歴は以下でも見る事ができます。

>情熱社長

>月刊BOSS×Wiz Biz

ご挨拶

連日痛ましい事件が報道され、日本経済も相変わらず低迷を続ける昨今、「社会が悪い」という言葉を よく耳にしますが、果たしてその「社会」とは何をさしているのでしょうか。
身近な例は地域社会。
町内会やご近所づきあいなども立派な社会です。そして、一番小さな社会は、家庭だと私は思うのです。
家庭の中で、一番重要な役目を果たすのはお母さんです。食事の用意、掃除、洗濯、塾や幼稚園の送り迎えなど雑多な家事をこなしながら、全体のバランスや収支を計算し、それぞれの状況も把握しなければなりません。
お兄ちゃんの元気がなければ声をかけ、お父さんの仕事の愚痴も聞き…。果たして、自分のための時間はどのくらい残っているのかと、首をひねりたくなります。
そんな忙しいお母さんに、自分のために使える時間を作ってあげたい。それが、私がコインランドリービジネスに携わる理由のひとつです。
家事の中で最も時間的な制約を受ける洗濯にコインランドリーをご利用いただければ、お友だちとおしゃべりをしたり、映画や習い事に行く時間が作ることができ、お母さんは笑顔になります。
お母さんが笑顔になれば、子供も、お父さんも笑顔になります。しかし、従来のコインランドリーは、学生や単身者向けで、汚くじめじめしたイメージで、女性にとっては居心地の悪い空間でした。
そこで私は、女性に受け入れられる、おしゃれで親しみやすいコインランドリーをと考え、イタリア料理店をイメージした明るいカラーリングのmammaciaoをはじめるに至ったのです。

mammaciao
http://www.ciao-net.jp/search/shop.cgi?do=F&I=1

土地の有効活用や資産運用を考えていらっしゃる皆さま。コインランドリー事業は、資産運用の手段として有用なだけではなく、地域社会へも貢献できる夢のある事業です。
ぜひ私どもと一緒に、mammaciaoで、もっともっとたくさんのお母さんの笑顔、家族の笑顔をつくっていただければと思います。

 

株式会社mammaciao(旧社名株式会社エムアイエス)  代表取締役 三原 淳

 

公式Facebookページでも最新情報を発信しております。


ホシノドリームズプロジェクト

次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

ページトップへ